統計検定1級 2017年 数理 問4

解答一覧リンク

統計検定1級 難易度一覧 兼 解答リンク(作成中)

注意

このページでは
筆者が30分以内に解いたものを
アップロードしているだけで
正答では無い場合も多々あります。

正解は公式問題集や
他の方のサイトをご覧頂ければと思います。

時間内答案

解いた感想

正規分布に独立に従う2つの確率変数に関して
相関係数や条件付き確率を計算する問題です。

共分散や相関係数は何度もやっていれば
自然と覚えるでしょう。

条件付き確率は統計検定準1級でも出題されますが、
パターン化しやすいので、ぜひ覚えましょう。

またexpの中で確率変数のみに注目して式変形し、
平均と分散を求めるのはベイズ法でも活用しますので、
これも慣れておくと良いと思いました。

筆者が良く理解できた例題として、
・統計学実践ワークブック第5章の問5.4
・2019準1級問1
が参考になります。

学術図書出版社
¥3,080 (2024/06/29 10:07時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
実務教育出版
¥2,502 (2024/07/05 12:53時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場
編集:日本統計学会
¥1,500 (2024/07/03 03:28時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA