統計検定1級 2016年 数理 問3

解答一覧リンク

統計検定1級 難易度一覧 兼 解答リンク(作成中)

注意

このページでは
筆者が30分以内に解いたものを
アップロードしているだけで
正答では無い場合も多々あります。

正解は公式問題集や
他の方のサイトをご覧頂ければと思います。

時間内答案

解いた感想

線形回帰モデルに関する基本問題です。

公式解答には、[3]を簡単な計算で分散が計算できる
とありますが、私にはここまでで時間切れでした。
大小関係まで解ける様になるには、
場数もいるかと思います。

回帰モデルでは誤差項が確率変数になり、
xは定数と考えるので慣れない内はややこしい。

回帰モデルの基本公式を学ぶには
「大学1・2年生のためのすぐわかる統計学」
が参考になりました。

ネオウィング 楽天市場店
¥2,860 (2024/07/18 13:56時点 | 楽天市場調べ)
編集:日本統計学会
¥1,500 (2024/07/03 03:28時点 | Amazon調べ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA